スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋たけなわ

DSC_0077 (1) (1024x686)

さて、記録を(長いので途中からたたみます)。

出産前日(実はこの日が自分の中でXデーでした。)、
なんとなく違和感はあるものの陣痛とまでは至らない。
とにかくお散歩。
ふと、手の甲にとまったナナホシてんとう。
縁起がいい気がしたので、そのまま、
ブラックベリーを摘み続けました。
結局、五分以上とまっていた気がします。

でも、その日はさして何もなく、その後、友人宅にお邪魔したり、
ジャム作ったり、パンを焼いたり。夕ご飯には、
ひよこ豆のパスタをたんまり作ってもらいました。

DSCF1832 (1024x768)
膨らみ具合がお腹を象徴しているかのようです。


次の日。
朝から鈍痛。これは、来る?!、と思ったけれど、まだまだ弱かったので
上の子が保育園に行ってもらっている間に速足で ひたすらお散歩。
陣痛はあるもののまだまだ弱いままです。

彼に言ったら、「ジャガイモでも掘れば。」と言われ、
掘りました、ジャガイモ。でも、陣痛が強くなるよりも、
お腹が空いただけでした。
お昼もしっかり食べてケーキも焼いたり。

ツボを確認したり、と、しているうちに陣痛が十分間隔に。
この時点で、病院に電話。

しかし、病院から言われていた番号が間違っており、、
私 「陣痛が十分間隔なのですが。」
相手「?(沈黙)何が知りたいの?」
私 「えーと、どのタイミングで病院に向かったらいいか、知りたいのですが。」
相手「何のために?」
私 「、、出産のためです。」
相手「あぁ、それなら別のセクションだから、まわしますね。」

病院内でしたが、出産の受付番号じゃなかったようです。。

待つこと少々。
相手② 「ハロー?」(明らかに男性の声)
私   「(ここも絶対違う、、)、出産のことで電話したのですが、、」
相手② 「あー、ちょっと待ってて。」

で、ようやく正式な番号に繋いでもらいました。
助産師さんによると
二人目だから「五分間隔になったらすぐに来るように。
こっちは準備しておくから。」とのこと。

その後、ご近所さん(上の子をお迎えに行ってもらったので)宅へ。

ここで一気に陣痛が進み、
お茶などをしている場合じゃなく、病院へ向かいました。
車の中では約五分おきの陣痛。でもヒプノバース(自己暗示的なもの)で比較的余裕でした。

病院に着いて
アドミッションルームに入った(ここは基本的に男性は入れないので、彼は待合室で待機)のが
17時過ぎ。

「あー、電話くれたわよね。呼ぶから座って待っていて。」とのこと
なので待つことに。
しかし、一向に呼ばれないまま、
三十分位は待った気がします。
その間も襲ってくる陣痛に耐えながら椅子にしがみつつも
ヒプノバースを心掛けて?!いました。

ようやく呼ばれたー! と思ったら
「あなた、今日はどうして来たの?」と言われる始末。
私「(えぇ??)陣痛が、、」
スタッフ「そうなの??アイムソーリー、
あなた、寝ているのかと思っていたの。今、何分間隔なの?」
私「(絶句)(ヒプノバースが効き過ぎていた?!)
二分位の間隔です。」

この日は特に忙しかった(急患が多かった)ようで
内部のコミュニケーションがとれていない感じがしました。
(こういうところがこちらの病院の残念な点ではあるのですが、
住んでいる場所、かつ私の性格上、
自宅出産は難しいので致し方なし。)


ベッドに案内され、モニターを付けることに。

早く分娩室へお願したい私の願いは空しく、
その後も急患に追われるスタッフに忘れられそうになりながら
(何度も別の助産師さんから出産の希望について
同じ質問を繰り返される)も
ようやく分娩室へ。
後から知ったのですが、その間、彼はコーヒーを飲んだり、としていたようなので
叫んでもいいから呼べば良かった、と思いました。

18時半頃、前回と同じ分娩室へ。ベテランの助産師さんがやってきて
くれて(これは良かった。)
あれよあれよ、と
二十分位で産まれました。結果、オーライで。

前回 同様色々準備をしていたのですが
全く使うことも(唯一使ったのは、小型レコーダーに入れておいた
ヒプノバースのBGM)
ありませんでした。

結論から言うと、バタバタはあったものの
リラックスしてのぞめました。
前回はどうなるんだろうという不安もあったし、肩肘が張っていた気がします。
今回は「いつでも出ておいで」といった心の余裕がありました。

とにかく無事で何よりです。


ちょっとの入院で私が留守にしていた間、
ジャイアントサイズになったズッキーニに迎えられながら退院。
DSCF5490 (1024x768)

作ってもらった舌平目ディナー。ワインも少々いただきました。
DSCF1903 (1024x768)
出産当日に掘ったジャガイモ付きです。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

出産当日はこんな風にすごしていたのね。
日本だと経産婦は10分間隔の時点で病院へ来るようにいわれるから、5分間隔で向かい始めた時点でドキドキしちゃった!
無事の出産でなによりだったね。

そしてズッキーニ、こんなに大きくなるんだね(笑)

Re: No title

>のぽちゃんへ
長い文章に付き合ってくれて、ありがとう!
そっか、日本は十分間隔なんだね。
私も二人目だしそうかなー、って思ったんだけれど、結構のんびりな出産直前でした。
でも、五分間隔って、ちょっと緊張するよね。
急に陣痛が進んじゃったらどうしよう、って。

そう、ズッキーニ、とり忘れると大変なことに、、
ズッキーニ天国と化していましたわ。
味も大味で、調理の仕方も困るしね。
プロフィール

ーちょむー

Author:ーちょむー
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アイルランドにて
手作りな生活を目指す
手探りな日々を
ちょこちょこ書いています。

四人+ネコの家族です。

言 ノ 葉


presented by 地球の名言
空模様
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。