FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊太利亜滞在2013-フィレンチェ編-

イタリアから帰って参りました。まとめて駆け足の記録です。

DSCF1176 (480x640)

DSCF1283 (640x480)

標識もこんな芸術に↓
DSCF1183 (640x480) フレンチのアーティストとのことで
街のあちこちに作品があるそうです。

花盛りの花の都・フィレンチェ。
バラにジャズミン、アカシア、
サンブーコ(エルダー/セイヨウニワトコ)などなど咲いていて
いい香りがします♪ DSCF1224 (640x480)

DSCF1281 (480x640) DSCF1268 (480x640)

キャンティの横には DSCF1189 (480x640)
お庭のバラも。DSCF1293 (640x480)

世界各地に散らばってしまった彼友らが
合わせて一時戻って来ているので、
皆に会ったり(今回の第一目的)、
海に行ったり、
我が子は温泉に児童館デビューもしました。
ちょっと違う環境に大喜び。

児童館(Community home)はアイルランドの近所では田舎だからか見かけませんが、
近くの村に作ろうと言う計画はあるみたいです。


ちょうど
日本映画祭も開催中で邦画を鑑賞しました。
「奇跡のリンゴ」と「鍵泥棒のメソッド」の二本。

「リンゴ」の木村さんに関しては、
前に彼に説明したことはあるのですが、
映像化されていた方が私の説明なんかより想像しやすいので、
色々捕捉になって(手間が省けて?!)良かったです。

本で読んだのとちょっと違う部分や
無農薬リンゴ栽培に関わっている側からして
脚色に多少の矛盾はありましたが、
全体を通してあたたかい木村さんワールド、笑いと涙の人生ストーリーが描かれていました。
一緒に観ていた彼は
心の中で「頑張れ、頑張れ。You can do it!」と
熱くなっていたようです。

こうした映画が薬剤に頼らない自然に則した農業の理解を深め
農家と消費者の良い関係づくりのムーブメントとなればと感じました。

「鍵泥棒」は良く書かれたシナリオが痛快で爆笑の連続。

どちらも「愛」に溢れるほっとする作品でした。


こちらは彼友のご実家。オリーブやブドウ畑が続いています。
DSCF1251 (640x480) 楽園です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ーちょむー

Author:ーちょむー
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アイルランドにて
手作りな生活を目指す
手探りな日々を
ちょこちょこ書いています。

四人+ネコの家族です。

言 ノ 葉


presented by 地球の名言
空模様
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。