スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--おうちの種--を広げよう。

葱類が豊作なので、
葱刻んで乾物削って薪でコトコト。お味噌を溶いて、と。
brdt 015 (640x480) ふう。落ち着く。

そんな葱達や友人が育て続けているニンジンを
子はとにかく食べます。
パクパク食べます。基本的に何でもよく食べますが
brdt 022 (640x480) (ご覧ください。ふくよかな ほっぺを。)
見事な食べっぷりに
「本能的に何かわかるのかな。」と考えてしまった話を以下↓に。


売られている青果物のほとんどがF1(ハイブリッド)種だということは
どれくらいの人が知っているのでしょう。
(私自身、何年か前まで知りませんでした。)

子孫が残せないとされている種から育てられたものという訳で、
仮に次世代が育ったとしても発育はイマイチに。

そういうものを体内に入れるのは
人間だけでなく、大小の野生動物も。

多く世に出回ることで、人間の健康だけでなく自然界全体が
何かしらの影響を受けるはず。

市場は形のいい揃ったものを求めるけれど、
どれもこれも皆、「種」からです。
brdt 063 (640x480)

だからこそ、その種には気をつかいたい。

農家は効率の問題で選択肢が狭まれているけれど、
消費者、家庭菜園をする人にはまだなんとか選択の余地があることが
希望の綱です。


アイルランドも日本と一緒で島国と言うこともあり、
日本の種
アイルランドの種
動植物には色々と特性があります。


色んなことに言えることですが、
別の「欲」を追求し過ぎて、「安全」「自然」というものを
ないがしろにしている気がしてなりません。

消費社会の暴走がうみ続ける破壊。怖い怖い。

人類はどうしてこうまでに何でもコントロールしたがるのでしょう。



日本は特に
「出た釘は打たれる。出過ぎた釘は抜かれる。」社会の傾向があるように思うのですが、
生きているものはもっと個性が尊重されていいのでは。



ご近所さんの「バイオ だいばぁしてぃ」な卵達。
brdt 033 (480x640)


どれもそれぞれで、いいな、と思います。



ルバーブも旬。brdt 096 (480x640)

沢山採れた種と
お菓子と
brdt 067 (480x640)
イチジク酵母パンを brdt 106 (640x480) 持って、と
「種の交換会」brdt 088 (640x480) brdt 090 (640x480) に いざ。行ってきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ーちょむー

Author:ーちょむー
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アイルランドにて
手作りな生活を目指す
手探りな日々を
ちょこちょこ書いています。

四人+ネコの家族です。

言 ノ 葉


presented by 地球の名言
空模様
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。